リアップが唯一の発毛剤だと言われる理由・・・

最近は市販でもたくさんの育毛効果を謳った商品がありますが、CMでおなじみのリアップだけがなぜ唯一の発毛剤なのでしょうか?

芸能人が断言するのですからどれだけ効果があるのか気になっている人も少なくないはずです。

 

抜け毛や薄毛が気になる人は専用のシャンプーや育毛剤などのヘア用品を使っていると思いますが、それで効果を感じている人はどれほどいるでしょう?

頭皮がすっきりする、べたつきが減ったなどの効果があると、それが頭皮の健康につながっていると思う人も多いようです。

確かにべたつきが改善することは大切ですが、それによって髪がふさふさに生えてきたという人はまずいないはずです!

しかし、リアップだけは発毛剤と断言できるのですから、それなりの効果があるということでしょう。

この発毛剤と言うのは市販の育毛剤との大きな違いは医薬品に分類される薬ということなのです!

薬に指定された物は、薬事法を守って販売、購入しなくてはならないので規制が厳しいということです。

この医薬品として認められるためには、もちろん発毛効果を実証しなくてはならず、そのためにはたくさんのデーターや時間、労力が必要なのでほとんどのメーカーはそれを諦めて医薬外品として販売するようです。

その方が研究から商品完成、発売までの時間が短くて済むというメリットがあるので、あえて医薬品として申請しない物も多いようです。

リアップはそんな面倒で時間がかかる審査を経て医薬品と認められた唯一の発毛剤と言うことで、その効果も多くの人が期待してしまうはずで、実際に発毛の効果を実感している人もいるようです。

 

リアップの成分であるミノキシジルは他国でも発毛効果が認められている成分で、薬に分類されています。

もし、何をしても抜毛や薄毛が改善しない人はこの医薬品であるリアップを使うことで悩みが解消するかもしれませんね!

しかし、この医薬品に分類されているということは、それ以外の物よりも効果が高い分副作用もあるということを頭に入れておかなくてはなりません。

少しでも不調やトラブルが合った場合は、すぐに使用を中止し医師に診てもらうことをお勧めします。

体質によっては合わない人も少なくないのが、医薬品なのです!

髪を作っている成分とそれを補うための食事

髪の毛はたくさんの成分で作られているのですが、髪自体は死んだ細胞なので生えてしまった髪の毛を後から何か食べ物やサプリメントで変えることはできないようです。

髪に良い食べ物の代表が海藻類ですが、海藻をたくさん食べると傷んだ髪がきれいになると勘違いしている人が多いようですが、そうではなくこれから生える髪を健康な状態にできると言うことのようです。

髪を作っているのはタンパク質なのですが、毎日の食事から摂取される肉や魚、野菜や豆類に多く含まれ、ケラチンという18種類のアミノ酸からできているタンパク質です。

最近人気のアミノ酸シャンプーはこの髪の成分に着目し同じ成分で洗うことによって髪に負担をかけずに優しく洗うことができるというものです。

また、髪の毛を生成する育毛に大切なのが亜鉛やビタミンB群、ビタミンC、A、Eと言われており、相乗効果が期待できるためバランス良く摂取することが大切だと言われています。

健康な髪のためには頭皮の健康もとても大切で、せっかく摂取した栄養を十分に髪の毛の生成に役立てるためには毛穴の汚れをきれいに取り除き血行を良くする必要があります。

食べ物で摂取した栄養はまずは人間が生きるために必要な部分で使われ、その残りが髪の毛の生成に使われるそうです。

と言うことは、栄養が足りていないと髪の生成にまで必要な栄養が残らないということで、健康な髪の生成ができないということになりますよね?

ですから無理なダイエットをしていたり、栄養バランスが悪い人の髪は細く少しの衝撃で抜けやすいようです。

美しくなりたいとダイエットをしていても栄養が足りていないと、やがて髪がスカスカになってしまい取り返しのつかないことになりかねないのです。

健康な髪の毛を育てるためには、肉、魚、野菜、豆腐、海藻などをバランス良く食べ、良質なたんぱく質やビタミン類を摂取することを心がけましょう!しかし、注意したいのが髪に良いという食べ物を過剰に摂取しないということです。

そればかり食べていると体に害になることもあるので、バランスよく食べ足りない成分はサプリメントを利用するなどの工夫も効果的です。

髪のためにバランスの良い食事を心がけることによって、体も健康になり一石二鳥ではないでしょうか?

結局ハゲるのは遺伝なのでしょうか?遺伝でハゲた人、ハゲない人

ハゲや白髪は遺伝すると言われていますが、これは本当のことでしょうか?

年齢とともに誰もが抜け毛や薄毛になるものですが、何もケアをしないと遺伝によって一気に髪の毛が抜け落ちてしまいつるつるになってしまう人もいるようです。

確かに父親やおじいさんがハゲていると遺伝するとか、隔世遺伝するなんて話を聞きますよね。

しかし、必ずしもハゲは遺伝するとは限らないようで、体質が遺伝しやすいのでハゲやすいとは言えるのかもしれません。

と言うことは、自分がいずれハゲる可能性が高いと分かっていれば早めに対処でき生活習慣に気を付けたり、頭皮の健康を考えたケアを心がけることができるので、本人次第で防ぐことはできるのかもしれません。

それが分かれば自分の親や親せきにハゲている人がいても希望が持てるますよね!

芸能人でも二世タレントを見てみるとハゲている親でも子供の髪がフサフサだったり、逆に親はハゲていなくても子供がハゲているケースもあるようです。

このように考えると、遺伝でハゲる人もいれば遺伝が原因ではない人もいるということではないでしょうか?

遺伝ではないハゲとは、生活習慣や食生活ストレスなどで頭皮の健康が損なわれ抜け毛が増えてしまうことで起こるもので、中高年だけではなく若い人にも見られます。

生活習慣や食生活が悪いと頭皮の血行が悪くなり毛根まで栄養が行きわたらなくなり、植物のようにやがて枯れて抜け落ちてしまうのです。

土の状態が悪いと新しい植物が生えてこないのと同じで、頭皮の血行が悪く硬くなってしまうと新しい髪の毛も育たず抜けるだけでハゲてしまうのです。

これが遺伝が原因ではないハゲなのですが誰にでも起こり得ると言え、ハンバーガーやフライドチキン、ポテトと言ったジャンクフードばかり好んで食べたり、運動不足や自分の肌に合わないシャンプーやケア用品を使っていることも原因になるようです。

若いころは髪が多く抜け毛もほとんどなかった人でも、油断すると徐々に抜け毛が進行してしまいやがてハゲてしまうかもしれません。

一度ハゲてしまうと改善することは簡単ではないので、年をとっても若々しい髪の毛をキープしたい人は頭皮の健康を考えた生活とケアがとても大切です。

ハゲることは遺伝だけの問題ではないので、自分は大丈夫と簡単に考えずに毎日のケアをきちんと続けましょう!

一日で黒かった髪が真っ白になったという話はあり得るのか!?

年齢とともに白髪が目立つようになり、50代を過ぎると髪の毛のほとんどが白髪という人も少なくないようです。

白髪があるとそれだけで老けた印象になるため、黒や茶色に染めている人も多く少しでも若く見せたいと言うことだけではなく、見た目の印象が重要な仕事をしている人にとっては身なりを整えることなのかもしれませんね。

出来れば白髪は生えてほしくないものですが、若いころから生える若白髪や苦労をすると生えてくるなど、年齢だけが原因ではないようです。

昔話などでは一日で黒かった髪が真っ白になったという話がありますが、それは本当にあり得ると思いますか?

これは科学的にはありえないことで、強いストレスや病気によって数か月で真っ白になることはあり得ても一日では無理なようで、やはりこれは作られたお話だけの表現なのかもしれません。

しかし、以前テレビ番組で一晩で髪が真っ白になった人を紹介していたので、何か特別な体質か化学現象的な物によってそうなることがあるのかもしれませんね。

そもそも白髪になる原理は、メラニン色素がなくなることで黒かった髪が白髪になるのですが、髪の毛には神経も血もない死んだ細胞なので一度黒く生えた髪が白に変色したり、白が黒に戻ったりすることはないようです。

生えてくるときに白か黒で生えてくると言うだけで、生えた髪が変化することはないのですが、髪が傷んで色素が薄くなったりスカスカになることで真っ黒だった髪が白っぽく見えることはあるそうです。

強いストレスによって白髪になるというのも事実で、ストレスによってメラニン色素が影響を受け白髪が増えてしまいます。

これを大げさに表現したのが一日で髪が真っ白になったとう話なのかもしれませんね・・・それだけ強い衝撃やショックを受けたということなのでしょう。

また、黒髪だと思っていた人が実は髪を染めていて、その染料が落ちた状態を見て一気に白髪になってしまったと勘違いした人もいるのかもしれません。

昔の白髪染めは今ほどもちが良くなかったで、簡単に落ちてしまったのでしょう。

いずれにしても、本当に黒かった髪の毛は一日で真っ白になることはないので、もしそのように感じた場合は何かトリックか勘違いがあるということなのかもしれませんね。

これは誤解!「育毛シャンプーで髪が増える」という思い込み

ハゲが気になりだしてくると使っちゃいますよね~。
育毛シャンプー。
どうして、あなたは育毛シャンプーを使っているんですか?
もしかして、育毛シャンプーで髪の毛が増えると思っていませんか。

また、育毛シャンプーを使っている方で、
育毛シャンプーのおかげで髪の毛が増えた。
と思っている方はいませんか。

これは誤解!「育毛シャンプーで髪が増える」という思い込み。

ここでは、育毛シャンプーとはハゲにとってどういう効果のあるものなのかを
ご紹介していきます。

○育毛シャンプーの効果とは
・頭皮を優しくケア
育毛シャンプーの多くは天然成分が多く含まれているアミノ酸系であったり、
石鹸系など一般的な市販されているシャンプーに比べると優しい成分で作られています。

ハゲの多くは皮脂の取り除きすぎによって頭皮が乾燥していたり、炎症を起こしていたり、
過剰に皮脂が出ていたりと、頭皮が弱っている状態です。
頭皮に優しい成分で汚れや皮脂を洗浄することができます。
また、アミノ酸は髪の毛を作る成分の一種です。
アミノ酸は、弱った髪の毛や頭皮を修復させることもできます。

・清潔に保つ
育毛シャンプーの中には、にんにくエキスなど殺菌作用のある
成分を含んでいるものもあり、シャンプーで洗浄しながら
清潔な状態をキープさせることができます。
また、皮脂を取りすぎず、きちんと汚れを落とす優しい成分で作られているため、
頭皮に刺激を与えず、頭皮を清潔にすることができます。

・発毛育毛に役立つ成分が含まれている
育毛シャンプーには製品によって異なるものの、
発毛に役立つ成分が含まれています。

ハゲが気になりだすと、ついつい頼ってしまいがちな育毛シャンプー
このように育毛シャンプーにはハゲにとって有効な成分で作られています。
が、
育毛シャンプーに髪の毛が生えてくる効果があるとは言えません。

育毛シャンプーの効果とは、髪の毛をはやさせる頭皮の状態を作ってくれるものです。
一般的なシャンプーよりも頭皮にやさしく、皮脂を取りすぎず、
余分な皮脂や汚れを取り除いて頭皮を清潔にしてくれます。
これによって、ヘアサイクルを正常化させて
発毛させる機能を取り戻すことに期待できるというわけです。

頭皮を清潔にすることで発毛機能を取り戻すなら
市販されている一般的な安価なシャンプーでも良くない??

けれど、一般的な安価なシャンプーの場合、
成分が強すぎて皮脂を取り除きすぎるのが
頭皮の状態を悪化させることが分かっています。
皮脂を取り除きすぎることで、余計に皮脂が出たり、
乾燥によるかゆみによって炎症が起きたり
ハゲにとってはよいことがないのです。

ハゲを改善する根本的な改善は、頭皮の状態を健康にする!

発毛させる頭皮を作ることが大切です。

そのため、発毛を試みるには成分がやさしく
必要な皮脂まで奪うことがなく、発毛成分まで含む
育毛シャンプーは有効といえるでしょう。

ただ、育毛シャンプーで直接髪が生えるわけではない。

もしも、育毛シャンプーで髪の毛が増えたと感じた人は、
抜け毛が減った、太い髪の毛に代わったということが言えます。

ある意味、育毛シャンプーを使った効果があったといえることはよいことですね。

育毛はシャンプーだけでは無理だし、育毛剤だけでも難しい。
食事や生活習慣の改善、何より続けることが必須です。

ワカメや昆布を食べたら髪が増えるという都市伝説の真相

ハゲが食べる髪の毛が増える食べ物といえば、
ワカメや昆布!

ワカメや昆布を食べたら髪の毛が増えるという都市伝説の真相。

調べてみました。

ワカメや昆布には、ビタミンやミネラルが豊富です。
そして、ワカメや昆布には育毛に良いとされるIGF-Iが含まれています。
IGF-Iは血管を拡張させる働きがある成分です。
血管が拡張されることで毛根に栄養素がいきわたります。
栄養素がいきわたることで、発毛にも期待できます。
ワカメや昆布に含まれる栄養素は
発毛にとても効果的な成分だといわれています。

また、ミネラルは髪の毛を作るためには必要な栄養素です。

そのことからすると、ワカメや昆布を食べて髪の毛が増える。
という都市伝説に間違いわないといえます。

けれど、大量にワカメや昆布を食べたからと言って
それが直接髪の毛になるというわけではなさそうです。
髪の毛を作る要素には大変役立つけれど。。。
ワカメや昆布が髪の毛に代わるわけではない。

といった具合。
結果、この都市伝説はあながちウソではないとは言えますが
ワカメや昆布で髪の毛が直接増えるわけではない。
ということになりました。

ワカメや昆布を全く食べないよりは、かみの毛を増やす方法として
よいことですが、ワカメや昆布をたくさん食べても
かみの毛が増えるとは言えないようです。

そして、ワカメや昆布を食べると髪の毛が艶やかな黒いものになる。
というのも、女性なら聞いたことがあると思いますが、
こちらのうわさに関しても同じことが言えます。

ただ、ワカメや昆布は体に必要な栄養素があるのに、
カロリーは低いという面では、現代っ子にとってはとてもよい食材です。
かみの毛を増やすためだけじゃなく、
肥満や生活習慣病を防ぐためにも積極的に摂取したい
食材でしょう。

髪の発育のため、皮脂は徹底的に取り除いたほうがいいのか!?

よく耳にします。
髪の毛が生えてこない原因の一つとして、
”皮脂が頭皮の毛穴に詰まっているから髪の毛が生えてこない” のだと。

だったら、髪の発育のため、皮脂は徹底的に取り除いた方がいいのか!?

気になったので、調べてみました。
そこでわかったのは、やっぱり人間の体の機能って素晴らしいんだということ。

皮脂はムダに出ているわけではなかったんです。
皮脂は単なる邪魔者ではありませんでした。

  • 皮脂が出るメリット
    ・雑菌の繁殖を防ぐ
    ・頭皮や皮膚の乾燥を防ぐ
    ・バリア機能

皮脂が分泌されることで、頭皮や皮膚の乾燥を防ぐことができます。
皮脂は乾燥や外部からの刺激を防ぎ、雑菌の繁殖も抑える
バリア機能にもなっているんです。

皮脂を取り除きすぎることで雑菌が繁殖しやすい状態になって
かゆみが出ます。
かゆみが出たことでかきむしってしまうと、頭皮を傷つける原因や
炎症など頭皮の状態を悪化させてしまいます。
また、乾燥によってフケを出す原因にもなり、
頭の皮脂を徹底的に取り除く行為は
とてもじゃないけど、ハゲを防ぐどころか
ハゲを進行させてしまうだけでした。

フケが多く出ている人はハゲに注意した方が良いそうですよ。

皮脂を徹底的に取り除くことで
乾燥する皮膚を守ろうとさらに皮脂が多く分泌されるということもわかっています。

洗っても洗っても頭皮がベタベタするなんてことありませんか。
それは、皮脂を取り除きすぎが原因です。

とはいえ、余分な皮脂や汚れはきちんと綺麗に取り除く必要はあるんですよ。
やっぱり、余分な皮脂や汚れが毛穴に詰まることは頭皮の健康や
ヘアサイクルを乱す原因であり、ハゲの原因になりますからね。

だけど、皮脂を取り除きすぎることで
乾燥を呼び、乾燥によって頭皮の状態が悪化させてしまう。
適度にひしと汚れを取り除くことって、
とても、デリケートで微妙です。

だからこそ、シャンプー選びが大事だといわれていました。
市販されている多くのシャンプーは洗浄能力が高い!
洗浄能力が高いのはいいけれど、
お肌の弱い方やハゲの方、かゆみやフケが多く出ている方には
頭皮の状態を悪くしてしまう原因の一つになり、
ハゲの原因にもなってしまうんだとか。

だからこそ、頭皮の状態を健康にし、適切に皮脂を取り除いてくれる
シャンプーが選ばれているんですね。
無添加、天然成分、ノンシリコンのシャンプーなど
ちょっぴり高いけど、質の良いものを選ぶ。
本当に良いものを自分の体と相談しながら選ぶことで
ハゲを改善していきましょう。

ヘアブラシで頭をたたくと髪が生えてくるというウワサの真相

うちのハゲ親父も昔よくやっていました。
毎朝、洗面所の前でハゲ頭をトントン、トントン。
ブラシでたたいてたっけな~。
洗面所を父親に占領されて本当に迷惑だったことを思い出します。

ヘアブラシで頭をたたくと髪の毛が生えてくる?!
今回は、そのウワサの真相について調べてみました。
髪の毛が抜け落ちてハゲる原因には、血行不良により
毛根に栄養が届かないことにもあります。
髪の毛が生えてくるヘアサイクルが正常であれば、
髪の毛が抜けてもきちんと新しい毛が生えてくるので
毎日髪の毛が抜け落ちても問題はありません。
ハゲてしまうってことは、ヘアサイクルが正常でないことを表しています。

ヘアサイクルを正常化させるには、頭皮の状態を健康にする必要があります。
きちんと栄養を届けて髪の毛をはやすサイクルを作る必要があるんです。
そう考えれば、ヘアブラシで頭をたたくことで血行が促進されることで
髪の毛が生えてくるという原理には納得がいく話です。
ですが、調べてみると、
ヘアブラシで頭をたたくことは全くの逆効果ということが分かりました。
というのも、頭皮の毛細血管はとても繊細な物らしいんです。
そのため、ヘアブラシでたたいて刺激を与えることで毛細血管を壊してしまう可能性も!
頭皮の毛細血管が壊れてしまうということは、
栄養を運ぶルートを失うということ。
つまり、ヘアブラシで頭をたたいても髪の毛が生えてくることは絶対にないということです。

ただでさえ、栄養が行き届かずハゲてしまっているところに
さらに追い打ちをかけることになるってこと。
もっというと、髪の毛が生えている部分の毛細血管まで壊してしまい
ハゲが広範囲になってしまうということにつながるといわれていました。
とんでもなく恐ろしいことを当たり前のように、
髪の毛が生えてくると信じてやっていた時代があったんですね。

ヘアブラシで頭をたたくだけで髪の毛が生えてくるなんて
お手軽で夢のようなウワサですが、
真相は、全くの間違いであり、
ハゲの原因になりうる恐ろしい事実がありました。
やはり、自己判断で行うハゲ治療や噂をうのみにした
根拠のないハゲ治療は危険だということです。

ただ、ハゲを諦めないで!
正しい治療法をきちんと継続して行っていれば、
髪の毛が生えてくる可能性は十分にあります。
継続させるってことが大変なんですけどね。
ただ、どんな治療法が自分に適切であるのかをきちんと調べること
で髪の毛は生えてくるといわれています。
そして、根本的なハゲ治療って実は、
生活習慣の見直しをすることが一番大事だといわれています。
適切な治療と生活習慣の見直しによって
フサフサを取り戻した人が多くいらっしゃいました。