結局ハゲるのは遺伝なのでしょうか?遺伝でハゲた人、ハゲない人

ハゲや白髪は遺伝すると言われていますが、これは本当のことでしょうか?

年齢とともに誰もが抜け毛や薄毛になるものですが、何もケアをしないと遺伝によって一気に髪の毛が抜け落ちてしまいつるつるになってしまう人もいるようです。

確かに父親やおじいさんがハゲていると遺伝するとか、隔世遺伝するなんて話を聞きますよね。

しかし、必ずしもハゲは遺伝するとは限らないようで、体質が遺伝しやすいのでハゲやすいとは言えるのかもしれません。

と言うことは、自分がいずれハゲる可能性が高いと分かっていれば早めに対処でき生活習慣に気を付けたり、頭皮の健康を考えたケアを心がけることができるので、本人次第で防ぐことはできるのかもしれません。

それが分かれば自分の親や親せきにハゲている人がいても希望が持てるますよね!

芸能人でも二世タレントを見てみるとハゲている親でも子供の髪がフサフサだったり、逆に親はハゲていなくても子供がハゲているケースもあるようです。

このように考えると、遺伝でハゲる人もいれば遺伝が原因ではない人もいるということではないでしょうか?

遺伝ではないハゲとは、生活習慣や食生活ストレスなどで頭皮の健康が損なわれ抜け毛が増えてしまうことで起こるもので、中高年だけではなく若い人にも見られます。

生活習慣や食生活が悪いと頭皮の血行が悪くなり毛根まで栄養が行きわたらなくなり、植物のようにやがて枯れて抜け落ちてしまうのです。

土の状態が悪いと新しい植物が生えてこないのと同じで、頭皮の血行が悪く硬くなってしまうと新しい髪の毛も育たず抜けるだけでハゲてしまうのです。

これが遺伝が原因ではないハゲなのですが誰にでも起こり得ると言え、ハンバーガーやフライドチキン、ポテトと言ったジャンクフードばかり好んで食べたり、運動不足や自分の肌に合わないシャンプーやケア用品を使っていることも原因になるようです。

若いころは髪が多く抜け毛もほとんどなかった人でも、油断すると徐々に抜け毛が進行してしまいやがてハゲてしまうかもしれません。

一度ハゲてしまうと改善することは簡単ではないので、年をとっても若々しい髪の毛をキープしたい人は頭皮の健康を考えた生活とケアがとても大切です。

ハゲることは遺伝だけの問題ではないので、自分は大丈夫と簡単に考えずに毎日のケアをきちんと続けましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>